自分の健康情報を、
半分は自分のために使い
半分は他の人のために
役立ててもらう
ひとりひとりの
利他の気持ちが
新しい健康サービスを
実現します。

NEWS

2019/4/2

4月3日(水)サービス休止のお知らせ

サーバーのメンテナンス実施のため下記の通り
おせっかい倶楽部アプリおよびウェブのサービスを一時休止いたします。

(ひめくり、ダイエット、健康5つ星検定のアプリ、健康おせっかいマガジン)

2019年4月3日(水)13:00 ~ 18:00 
※作業の状況により終了時間が前後することがございます。ご容赦ください。

ご不便をおかけいたしますが、ご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。

2019/1/11

株式会社おせっかい倶楽部が設立されました。→詳しく見る

コンセプト

 人生100年時代の
健康資産づくりへの
チャレンジ

おせっかい倶楽部は、
超高齢社会の中で
健康・医療への
新しい向き合い方に挑みます。

 「人生100年時代」という社会課題への取り組みをするべく、株式会社おせっかい倶楽部をイー・ビー・ヘルス・ケア株式会社の事業資産を継承し、設立いたしました。
 株式会社おせっかい倶楽部の前身は、このイー・ビー・ヘルス・ケア株式会社と、NPO法人EBH推進協議会(現在:エビデンスベーストヘルスケア協議会)との連携によって2015年からスタートしたサービス「健康おせっかい倶楽部」で、科学的なエビデンスに基づくコンテンツを蓄積してきました。
 株式会社おせっかい倶楽部では、さらに、専門学者によるコンテンツを進化させ、より多くの人々に役立つサービスとしてお届してまいります。
 また、2000万件を超える健診データのシステム構築実績を元にその根幹となる健康情報を、次世代の健康資産ビッグデータプラットフォームとして構築し、行動経済学理論に基づくメソッドを最新AIを使い、従来にないパーソナルヘルスレコード連携サービスとして探っていきます。
 人生100年時代にあたり、この健康資産を、企業、研究者、そして個人の方にご活用いただくため、私たちは、超高齢社会の中で健康・医療への新しい向き合い方に挑みます。
おせっかい倶楽部の取り組み

実  績

2019/1/11

株式会社おせっかい倶楽部が設立されました。

 2007年に予防医療の普及推進を目指して立ち上げたNPO法人エビデンスベーストヘルスケア協議会で、10年にわたり、科学的なコンテンツを蓄積してきました。
 そのコンテンツのさらなる普及推進を目指し、より多くの方々に使っていただくとともに、
健康の新しい「価値」を見つけ、それを「資産」として活用していただくための新たな会社を設立いたしました。
 自分が情報を発信すると、半分は自分のためになり、半分はみんなのためになる。
 持ち寄って、はじめて見えてくる新しい価値を、みなさまと一緒に創っていきたいと思います。
 
株式会社おせっかい倶楽部
代表取締役
森谷敏夫
(京都大学名誉教授)

事業概要

自分の健康を支える、
健康AIエージェントの
実現を目指して。

事業の中核は、ゲームの顔をした
健康資産ビッグデータ
プラットフォームです。
ゲームの主人公「ちひろ」は
AIエージェントで、
研究者とともに個人や企業の
健康増進に努めます。

健康資産
ビッグデータ
プラットフォーム
事業

 

企業・従業員、研究者、
個人向けの提供サービス

◯ 健康資産ビッグデータ
  プラットフォーム
◯ 健康AI
  ゲーミフィケーション
◯ 健康支援ツール

 

 
 

健康コンテンツ
プロバイダー事業

 

エビデンスに基づく
健康情報の提供、
健康アプリケーションの提供

◯ 健康コンテンツ配信サービス
◯ 健康アプリケーション
  提供サービス
◯ 健康番組制作
 
 

 
 

教育事業

 

健康関連コースの
開発及び人材育成
赤坂教室 2019年秋
オープン予定

◯ 西村塾
 (情報素材料理会の進化版)
◯ 健康講座講師養成コース
◯ 起業家育成コース
 

 
 

会社概要

 
社   名

株式会社おせっかい倶楽部

設   立

2019年1月11日

代表取締役

森谷敏夫(京都大学名誉教授) *朝ごはんのチカラ(動画)

資 本 金

800万円

本   社

〒107-0052 東京都港区赤坂2-20-10

電   話

03-6230-2321

U R L

www.osekkaiclub.co.jp

事業内容

●健康資産ビッグデータ

 プラットフォーム事業

●健康コンテンツプロバイダー事業

●教育事業

関連組織

NPO法人エビデンスベースト
ヘルスケア協議会

理事長:中山健夫(京都大学大学院医学研究科健康情報学分野 教授)

NPO法人エビデンスベーストヘルスケア協議会は、科学的な根拠に基づく予防医療の確立と普及を目指している特定非営利活動法人です。おせっかい倶楽部健康資産ビッグデータにAI教師データを提供しています。

おせっかい倶楽部を支える学者陣

 

西村 周三

医療経済研究機構所長

国立社会保障・

人口問題研究所名誉所長

 

専門は医療経済学・行動経済学。

医療経済学分野の日本における

草分け的存在のひとりで

医療経済学会の初代会長を務めた。

森谷 敏夫

京都大学名誉教授

京都産業大学・中京大学客員教授

株式会社 おせっかい倶楽部代表取締役

 

専門は運動生理学。

運動医科学界を牽引し、

EMSがもたらす筋肉の

トレーニング効果について

40年以上研究を行い、

世界で初めて筋力増大に対する

神経的要因の貢献度を評価した。

中山 健夫

医師(社会医学系専門医・指導医)

京都大学大学院医学研究科

社会健康医学系専攻長

健康情報学分野教授

 

専門は疫学・健康情報学。

日本医療機能評価機構

Minds(マインズ)や

EBM・診療ガイドラインに関する

厚生労働科学研究にも携わっており

日本の医療情報の分野において

大きく貢献している。

坂根 直樹

医師(内科)

京都医療センター臨床研究センター

予防医学研究室室長

 

専門は臨床予防医学。

生活習慣病研究の第一人者。

肥満や糖尿病予防の

個別化研究とともに

「楽しくてためになる

糖尿病教育プログラム」の

開発とメディカルスタッフへの

普及を行っている。

アクセス

 
株式会社おせっかい倶楽部
〒107-0052 東京都港区赤坂2-20-10
電話:03-6230-2321