MyoMed

筋電メディカル

筋電メディカルEMS

従来の筋電気刺激(EMS)装置は身体の奥の筋肉まで達するような強い刺激があり、どうやっても痛い!という難題がありました。
それに解を出したのが、新電極です。約40年に渡る筋刺激の研究成果であるEMSと新電極とのコラボが、筋肉づくりの新しい扉を開きます。

 

筋電気刺激(EMS)装置

筋電メディカルの中核をなす、筋電気刺激(EMS)装置は、脳の指令を伴わない筋収縮でも、認知症予防物質の産生を誘発します。
寝たきり寸前の方々でもできる認知症予防として期待されています。

1.認知機能の改善に……

自発的な運動はもちろん、他動的な運動であるEMSでも、認知症予防に不可欠な「脳由来神経栄養因子(BDNF)は増加します。
※筋肉の繰り返しの収縮が、BDNF産生のトリガーになることが明らかになっています。

2.寝たきり寸前でも……

EMSは、筋収縮のみを誘発するため、膝や腰の関節に負担を掛けません。このため、骨折患者の完治前リハビリでも使用されています。寝たきり寸前の状態であっても使用可能です。

3.運動との併用で更に効果的に……

EMSでは、鍛えにくい筋肉である速筋を優先的に鍛えられます。このため、自主的な運動とのハイブリッドで、効果的に筋肥大させることができます。

新電極がめざすもの

  • 新電極は、薄く、軽く、皮膚へのフィット感があり、痛みがほとんどありません。
  • 広範囲に刺激を通電できるので、筋の深層部まで刺激が届きます。
  • 電極部分は使い捨て(ディスポーザブル)で衛生的です。
  • 刺激時に関節を動かさないため、関節を痛めた人でも大丈夫です。
  • 洋服のようにオーダーメイドができるので、太っていたり、お腹が出てたりしても合わせられます。
  • 部位を選ばず、どこでも貼れて、かつ、鍛えることができます。